消費者とサービス業の架け橋
サービス業の品質
消費社会事情
サービス業の品質
サービスとサービス業
居心地の良さ
安全と衛生、環境
消費者の意識と心理
人手不足とサービス業
人的対応とお節介
一流や高級を知る
全国サービス業品質協会・出版部
メールマガジン「サービス業の品質」
便利屋検定
便利屋経営士会
全国サービス業品質協会
個人情報保護方針
特定商取引に関する表示
お問い合わせ・ご質問
サービス業
 
当サイトは、SSL(暗号化通信)対応サイトに改修しています。https:でご覧いただき、Googleなどでは鍵付きのサイトとして表示されます。より安全で快適なサイトになりますのでお気軽にご覧ください!なお、閲覧ソフトによっては、反映が多少遅れることがあります。<201112>
 ご案内・お知らせ
メールマガジンは、第11号からが正式の再配信になります<201114>
メールマガジン「サービス業の品質」と名称を変えて再配信します<201112>
実際には、商売はすべてが高額で買っていただこうという論理で進んでいる<190423>
なぜ会社やお店がサービス業を放棄するのか、わからない<190305>
「撮影した魚は廃棄し、顧客には提供されていない!」という<190210>
サービス業では、「気に入っていただこう!」ではない<190206>
サービス業の品質の評価は、多くの場面で人間が行っている<190205>
サービスの意味は、大きく3つあります<190205>
高品質のサービスが高く売れる時代になっている<190205>
サービス業の品質で最も重要な要素は「安全」です<190101>
サービス業は、大きく二分化される傾向があるが・・・<190101>
すべての事業は、サービス業です<190101>
⇒ この先を見る
「サービス業の品質」とは、たとえ高額な販売価格であったとしても、高品質でお客様対応が良く、しかもタイミング良く提供されて、お客様に積極的に買っていただける環境を言います。
「サービス業の品質を高める!」とは、高額でお客様に買っていただける環境に改善し、或いは整備することです。
つい勘違いしてしまいますが、高額で販売できるようになるのは基礎ができた次の段階です。
大切なことは、高額で販売してもお客様に積極的に買っていただける環境の構築です。
単に高額で販売したら「ボッタクリ」になってしまいます。
 
メルマガ
 
 
 
 
 
サービス業の品質
本日 昨日 累計 
 
 ご案内履歴
⇒ この先を見る